高校生バンドの上達に驚き!! その方法と考え方とは

Pocket

高校生バンドが驚くほど上達する方法や考え方をまとめてみました。

よくある下手な高校生バンドですが、そこにはある共通点が存在します。

Sponsored Link

下手に聴こえるバンドの共通点

上手なのに下手に聴こえてしまうのはナゼなんだろう??

とにかくそれぞれが一生懸命なために、バンドとしての一体感に欠けることです。

じゃあ一体感ってなに? 私が考えるのは、引き立て合えることです。

ボーカルが唄い易いように演奏してあげること。これは絶対必要です。

結局、プロだろうだ素人だろうが、ボーカルありのバンドなら、バンドの印象を強く感じるのは、

ボーカル以外のメンバーさんには申し訳ないですが、間違いなくボーカルです。

いくらギターの方が超一流でも、ドラムの方がメチャ上手でも、ベースの方が超カッコ良くても

なんといってもボーカルにはかなわないのです。

ですから、自分を主張するのも大事ですが、ボーカルを引き立たせるような演奏を心掛けるとバンドが引き立ちます。

わたしはギターを担当しておりましたが、どうしても私の音を聴け-!!みたいな感じで演奏していました。

その結果、うるさいだけでなんのメリットもないことに気が付きました。

それどころかボーカルが負けてたまるかと必死に唄って、全体にうるさいだけのガチャガチャバンドになっていました。

それでどうしたら良いか考えた時、うるさくない様に演奏する→ボーカルが引き立つ→一体感が出てくる→聞いてて心地良い、いい雰囲気のバンドになる→バンドファンが徐々に増える→その中にボーカル以外のメンバーのファンもできてくる

という結果が生まれました。

プロではないからこそ

プロと違い、練習の時にスタッフがついて最高の状態で練習できるわけではないので、よくない所が分からないと思います。

なので、とにかくボーカルが引き立つような演奏を心掛けると、本当に驚くほどの効果があります。

試してみてください。最初は今までとは違った感じで違和感があると思いますが、その違和感が良いのです。

いつも同じじゃ上達は遅いでしょう。

Sponsored Link


どうせなら、カッコいい人気バンドでいたいですよね!!

私はプロの環境のステージに立ったことがありますが、全く違いました。

ボーカルが引き立つようなセッティングでした。

当然、ギターが引き立つ場面もありましたが、コントロールされておりました。

結果、バンド全体が引き立てられました。

ですから、このような状況をそれぞれのバンドのメンバーは自分たちで造っていかなくてはなりません。

上手く造ることができたバンドはとても上手く聴こえて、評価されるでしょう。

ボーカル以外のメンバーもこのバンドをやってって良かったと思えるでしょう。

ボーカルを引き立てることが出来ないバンドは下手なバンドに見えてしまう。

 

Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.

*



アーカイブ

カテゴリー

メタ情報

最近のコメント