ワイルドヒーロース゛のカッコいいセリフ!!10話最終回視聴率

Pocket

ワイルドヒーローズの超カッコいいセリフと10話の視聴率は?? とうとう最終回となってしまいました。それぞれの思いを確認することができました。今回も心に響く言葉がたくさんありました。

最終回のカッコいいセリフ

連合のたまり場で敵を待つ中、

キー坊:「美央さんは帰ってもらった方が・・・」

ミッキー:「つけてえけじめがあんだろ あの子にも」

外に居たチョコに志穂から電話が入り電話に出ると、

チョコ:「はい」

志穂:「春太郎 やっと出てくれた 会えないのもう?」

チョコ:「そうだよ」

志穂;「私 春太郎いないと独りぼっち」

チョコ:「独りぼっちになろうよ 志穂ちゃん お互いちゃんと独りぼっちになろう そうじゃねえと俺ら一生誰も愛せねえよ じゃあ切るね」

志穂:「春太郎 ありがとう 今まで本当にありがとう(ブチッ)」

志穂の方から電話が切られた。少し思いにふけ、立ち上がり振り返ると、メロスが居た。

チョコ:「お前いつから?」

P1060192

メロス:「(含み笑い)チョコさんはちゃ~んと愛せてるじゃないですか」

チョコ:「え?」

メロス:「だって今のどう考えても 愛でしょ 愛っすよ」

チョコ:「なんだその笑顔てめえ」

このシーンは笑えました。

 

 

風愛友の特攻服を着て屋上で

P1060194

P1060195

P1060196

P1060197

P1060198

P1060199

P1060200

キー坊:「こんなこと口に出すのはだっせえかもしんねえけど お前らで良かった 今日の12時日付がかわるまで死んでも日花里を守り抜く」

この後すぐ美央から敵が来たと連絡が入り、メンバーは配置につく。すると謎の集団の龍ケ崎からキー坊に電話が入る。

龍ケ崎:「瀬川希一か 最後の忠告だ 大人しく少女を引き渡せ 今なら命は助けてやる」

キー坊:「どうしてあいつらの携帯」

龍ケ崎:「君たちの個人情報は全て把握している もうやめたらどうだ キミ達に勝機は無い 一目瞭然だろこの状況を見れば」

キー坊:「今はまだ勝途中だ ぜってえ負けねえ 俺はあいつらを信じてる」

龍ケ崎:「信じる キミは今まで何度だまされ裏切られた いつまた裏切るか分からないぞ 今は君の味方のような顔をしている者たちも信頼など幻想だ 本当はそんなものありはしないと 誰もが分かっている だから探り合う 隠しあざむきだましあい それゆえの統制だ 秩序をみだす者は徹底的に排除し全ての個人情報を開示する クリーンな社会 素晴らしいと思わないか 裏切りなど決して起こりえない」

キー部:「ふっなんだそれ ばっかじゃねえの いいんだよ別に裏切られたって 信じるってその裏切りごと信じるってことだろ こいつは裏切んねえってことじゃなくて こいつにだったら裏切られたってしょうがねえ そういうことだろ誰かを信じるって 理由がどうしようもない何かがあったはずだ 裏切られた俺よりもっと裏切った方は苦しくて痛かったはずだ 俺もあいつらもそれを知ってる だから丸ごと信じる あんたの世界は俺らには必要ねえ」

龍ケ崎:「ふっ君はその幼稚で愚かなヒロイズムに準じればいい 忠告は終わりだ」

機動隊との戦いが続く中、ミッキーがやられそうになった時、窓の外から放水があった。外を見ると田川だった。やっぱり舎弟たちと応援に来てくれた。

P1060184

田川:「なんだおめえ またそれ(特攻服)着てんのか」

ミッキー:「あんたも着てくりゃ良かったじゃねえか 持ってんだろまだ」

田川:「あったりめえだ」

田川もハートは昔と同じだった。

P1060189

 

 

100人の武装集団から日花里を守る中、

メロス:「あと30分」

キー坊:「お前らホントバカだよな 知ってるか 世間じゃいい奴の事バカって言うんだってよ なんなんだろな いい奴がバカにされて正直な奴が騙されて 頑張ってる奴ばっか悔しい思いしてよお  あいつの言うとおりかもしんねえ この世界はしょうもねえ くだらねえ 面白くねえ なんもかんもやりづれえ だから会えて良かった お前らに会えて良かったよ」

ポンジャラ:「あと20分!」

キー坊:「ありがとな日花里 もう一度みんなに会わせてくれて メロスに会わせてくれて」

メロス:「俺の方こそ 俺の方こそ!!」

テンテン:「今だメロス」

ピーちゃん:「今だよ!」

メロス:「風愛友!!」

キー坊:「お前はだれだー」

チョコ:「俺はー」

ミッキー:「俺だー」

ピーちゃん:「あと10分!」

ミッキー:「もう飛べねえと思ってたよ 背中が重くてよお お前が戻って来るまではなあ でも解ったよキー坊 背負ってるもん降ろせねえなら 翼を強くすればいいだけだってなあ」

チョコ:「俺は逆だ 軽すぎた なんだか半端に浮いてるみてえで それがてめえの価値の重さなんだと思ってた ありがとなキー坊 日花里を背負わせてくれて初めて地べたに足が着いた」

ポンジャラ:「なんだよカッコいいこと言うタイムか 思いつかねえよ」

ピーちゃん:「俺もだ けどポン大丈夫だおめえはまあまあカッコいい」

ポンジャラ:「おめえもだピー」

ピーちゃん:「ずっと忘れてたわキー坊 俺らがすげえカッコいいって事をよー」

ポンジャラ:「楽だったんだよ 忘れた方が なめられて 言いなりになってヘラヘラ生きた方がよお」

ピーちゃん:「けどキー坊 思い出したわ お前とまた会えて」

ポンジャラ:「なめんじゃねー」

ピーちゃん:「俺らは」

ポン+ピー:「すげえカッコいいーー」

チョコ:「あと3分!」

テンテン:「俺今すげえ楽しいわー 俺、子供たちに言うよ お前たちはこれから山ほど苦しい事や悲しい事が待ってるぞって だから仲間を見つけろって そいつらと居れば 地獄でも笑っていられるような好きな仲間をなって」

ミッキー:「あと1分!」

ここから連打を受ける

キー坊:「勝まで負けるな!!」

テンテン:「日花里ちゃんもういいよ目開けて」

全員倒れた と思ったら1人が日花里を連れ去った。

屋上には日花里のお父さんがロープで縛られていて、城ケ崎がレインマン継承の儀を執り行うと言い日花里に撃たせようとするが、キー坊が体当たりして銃をはじき飛ばした。

城ケ崎:「返せー レインマンを終わらせる訳にはいかないんだ」

キー坊:「返す訳ねえだろう」

城ケ崎:「考えた事があるのか お前らのような怠惰で無能な敗者がどれだけ勝者の足を引っ張っているのか 我々の理想国家では・・」

キー坊:「あんたのいう勝者って 勝ちってなんだよ 俺にはあんたが勝てるようには全然見えねえ!!」

レインマン:「その通りよ あなたは負けたの龍ケ崎  歴史は途絶えた レインマンは私で終わり」

とようやく終止符が打たれた

日花里の名前の由来

日の光、花、人の集まる里で日花里。

最終回視聴率

8.1%でした どうでもいいですけどね。

最後に

心に響く言葉が盛り沢山でした。

私も自分らしく生きられるようにしたいと思いました。

みなさん、遊びにきていただきましてありがとうございました。

他の記事も見てってね。

Sponsored Link


Sponsored Link


 

Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.

*



アーカイブ

カテゴリー

メタ情報

最近のコメント