ゴールドウイング1500 重い? 乗りにくい?

Pocket

ホンダのゴールドウイング1500㏄に乗ってみた感想です。

身長168㎝ 体重64kg 40代男性

ゴールドウイングのシートはあんこ抜きされていました。

P1050023

はじめて跨った時は、こんなの乗れるわけないじゃん!と思いました。しかし、跨って慣れてくると、あれっ乗れるかもなんて思えてくる。

さらに慣れるために、跨ってから車体を垂直に起こし、サイドスタンドを解除してみたり、逆に、サイドスタンドを立ててから、車体を寝かし、着地させたり。また、跨って、車体を起こし、ハンドルをフルに右に切ったり、戻して左に切ったり。

分かったことは、少し傾くだけで支える足に荷重がかかること。それ以上傾ければ、間違いなくコケること。

気を付けていれば大丈夫そうですが、足が砂利などで滑ったり、何かにつまずいたりしたら、まずコケると思います。

Sponsored Link


こんな感じでバイクとコミュニケーションをとり、エンジンをかけて暖機して、ちょい乗り。

いきなり右折からのスタート。

いきなりコケそうになりました。

低速でのフルハンドルで小回りは、どんなバイクでも難しいですが、GLは400kg超えの重量級なので、倒したいけど倒せないのです。

しかも右にフルでハンドルを切ると、左手が伸びきってしまうのです。逆に左に切れば右手が伸びます。クラッチワーク、アクセルワークが難しくなるのです。

 

衝撃だったのは、走り出すと、重さを感じるどころか、なんて乗り心地が良いのだろうと、びっくりしました。フロントフォークが、ハンドル周辺の隙間から見えるのですが、非常に動きが良く、しっかり仕事しているなあと思いました。リアはエアサスでエアの量が調節でき、車高も変わります。

ミッションの1速は、すぐにレッドゾーンまで回り、引っ張り過ぎてしまいます。5速ミッションで、5速に入れるとODのランプがメーターパネルに点灯しました。

 

気になること、ハンドルを少し切るぐらいの感じで、例えばコンビニの駐車場から出る時、なんかふにゃふにゃする感じがした。剛性が低いのか?たぶんそうでしょうね。

 

あ、まだ衝撃的な事がありました。ネットでも書いてあったんですが、80㎞以上ぐらい出すと巻き込んだ風が背中を押してくることです。それはないは!と思われるでしょうが、ホントの話です。びっくりしました。

 

信号待ちで、横から風が吹くと、支えるのに足に荷重がかかります。

バックギアが付いているので、便利ですが、前へ勾配がついていて前方向に壁など、前進出来ない所には停められません。前にも後ろにも行けなくなります。

 

このバイクで遠くに行きたくなります。車みたいで嫌いと言われる方がいらっしゃるかもしれませんが、乗ってみるとあきらかにバイクです。

新型のGL1800もすばらしいバイクですが、エッジの効いたデザインのGL1500も素敵ですよ。慣れれば乗りやすいと感じるくらい見た目と違います。乗っていると、とくに年配の方の視線を感じます。

P1050028

Sponsored Link

Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.

*



アーカイブ

カテゴリー

メタ情報

最近のコメント