木曽川河口 28年度 釣り情報

Pocket

木曽川河口に久しぶりに黒鯛(クロダイ)狙いで行きました。5月8日の日曜日です。木曽川河口のこの場所でこの時期に前打ちは初めてでしたが、果たして釣れるのか?? 全く別な場所の話ですが、ゴールデンウィークのアサリの潮干狩りが、アサリが居なくて中止される潮干狩り場もありましたが、アサリが居ない原因として黒鯛が食ってしまったというようなことも言われておりましたので、きっと木曽川河口でも黒鯛の魚影は濃いと判断しての釣行です。

Sponsored Link

この日の潮汐状況

潮汐率は100(非常に高い)。潮汐の潮位は0.6m2.4m-0.1m2.5mでした。弥富市にての潮見表に登録されている満潮の最高は2.8mで、最低は-0.3m

満潮・干潮表によりますと、最初の干潮0:40時に、次の干潮13:05時でした。最初の満潮6:35時に、次の満潮19:40時でした

お昼頃に干潮ですから、午後の上げ潮を狙おうと、計画しました。

この日は引き(潮)の水位が低く、13時半頃に現地に着くとナガシマの沖は砂浜が露出して、歩ける状態でした。

釣り場の状況

まず、車で現地に到着して、ガッカリ!堤防の工事(これはとても大事なことです。)で釣り場に横着けができませんでした。

空気を読んで、迷惑が掛からない位置に車を停めて、歩いてポイントへ向かうことになりました。

たまに行くとこのような事がありますよね!

堤防には工事用の立派なフェンスで、しっかり囲いがしてあり、ポイントに辿り着けるのか分からないまま、とりあえず行ってみました。

なんとかかなり大回りして私のイメージするポイントに辿り着くことができました。

1462747948805

松蔭水門付近

1462747949060

釣果は??

14時頃から釣り始めました。岩ガニの餌でテトラ周辺を探って行きます。岩ガニは釣具屋さんで10匹300円でした。

私のイメージでは、15時までが勝負かと思っておりましたが、15時を過ぎても反応がありません!

釣れないかもなんて弱気なイメージが・・・ しかし15時を過ぎた辺りから、明らかに目の前の水流が変わり荒々しく潮が満ちてきました。

テトラを移動しながら、探り続けると、針がテトラに引っかかったような気がしました。

ゆっくり竿を立ててみるとなんだか重い。するとその状態で糸が右に走った!!

ん!? この後一発フッキングすると、ガツン!! 来た!! グググッ 非常に重い

水中でギラッと横っ腹が見えた時、デカいと思った。絶対にバラすものかと横方向に誘導するように泳がせるが、3,4回下方向へ潜る。耐えながらようやく弱ってきたので、タモを腰から抜き、伸ばしてゲットしました。

 

こんなん釣れました

1462747949659

↑絞めた直後 色が変わっていきます

1462747946979

車に戻って、スケールをあててみると、48㎝でした。自己記録更新です。50オーバーでしたら、フィッシング〇さんに持って行き写真を撮ってもらったのに~♪

Sponsored Link


今回は潮が良かったので、釣果がありましたが、絶対に釣れると信じて釣ることが結果に繋がったかも知れません。相手は腹を空かせた野生の生き物です。餌があれば食ってきます。ちなみに10匹買った岩ガニは4匹余りました。

この日は潮、天気が良く、ボートで釣りをしている人も多く、たくさんのボートが行き来していました。上空にはセントレアへ着陸する飛行機がたまに見られるし、ロケーションも最高でした。

今回の反省点として、ストリンガーをテトラにくくるのに長さが足りないので、いつもなら細めのロープを持参しているのですが、うっかり忘れてしまい、困りました。帰って早速用意しました。

Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.

*



アーカイブ

カテゴリー

メタ情報

最近のコメント