中古ロードバイク サイクルコンピューター つま先接触

Pocket

前回の初乗では、乗ることに夢中でほとんどサイコンを見ていませんでしたが、やはり何キロ走ったのかとか、何時間走ったのかとか、景色を見ながらのツーリングと違いサイクリングロードを単純に走っているだけなので、とても気になります。

中古で購入した自転車におまけで付いてきたサイコンなので、説明書が無いであろうと諦めていましたら、自転車の書類と一緒に箱に入っていました。まあ、真剣に走るわけではありませんので、時間、距離、スピードが分かれば十分。表示の切り替えを確認すれば、使用できるようになりました。いろいろ操作を覚えるのは大変です。毎日操作していれば良いのでしょうが、たまにですと、思い出せない事があります。次乗る時は、忘れてるかもしれませんね。

Sponsored Link


驚いた!!

ロードバイクに乗って、驚いたのは、タイトなコーナーで、漕ぎながらハンドルを切るとつま先と前輪が接触すること。えっと思いましたが、当たるのです。普通だそうです。そういうカーブではペダルは漕いではいけないそうです。

ロードバイクは乗車姿勢がいかにもやる気満々状態なので、それなりの格好をしてキメていれば、競争しない限り、ビギナーであるとはバレません。

 

自転車の年式やグレードも、気になると思ったら、それほど気になりませんので、自分が良ければそれで良しです。自分のスタイルというのは、何をするにも一番大事なことと思います。自分流が一番カッコいいですね。いろんな事をやってみたい性格なので、のめり込むまではいかないと思いますが、ロードバイクは最近のお気に入りです。

私は自転車がそのままの状態で積み込める車に乗っていますので、時間の都合がついたら走りに行きます。行は良いのですが、帰りはラストスパートをかけて車に戻りますので、自転車から降りると、足がガクガクします。息も切れ切れで…。2月の少し風がある日でも、汗が出ますよ。

一度、ロードバイクに乗ってみましょう

Sponsored Link


 

Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.

*



アーカイブ

カテゴリー

メタ情報

最近のコメント