ドS刑事1話の視聴率と今回のドS言葉攻め!大倉180㎝の女装 

Pocket

2015年4月11日より始まった、多部未華子主演の新ドラマ”ドS刑事”の視聴率が発表されました。そして、今回の言葉攻めドSっぷりにも注目。また身長180㎝の大倉忠義の女装に驚きました。

 

初回視聴率は?

参考までに、最近のドラマの初回視聴率を先にお伝えします。

銭の戦争    14.1%

〇〇妻     14.4%

ウロボロス   11.5%

学校のカイダン 9.00%

まっしろ    14.4%

という感じです。

ドS刑事では、12.7%で、まずまずの出だしといえますね。

初回は興味深々なので、そこそこですが、2話3話と進むにつれて、キープが難しくなることが多いので、要注目ですね。

今回の黒岩のドSぷっり

まず驚いたのが、黒岩が刑事1課課長の吉田羊演じる、白金不二子に代官山修介(大倉忠義)を紹介し、

代官山に白金不二子警視と紹介、続いて白金課長の経歴を発表していると、

課長に「あなたに私の自己紹介をされる筋合いは有りません」

と言われるも、黒岩は「では、ご本人の口からどうぞ」と言い返す、

白金課長は「あなたに促される筋合いもありません。着任したてのあなたに」

と言い、黒岩はおとなしくすると思ったら、すかさず、

「ちなみに課長の年齢は、兎年の39歳、おおだいの40を迎えるまであと残り45にち。」と言うと、

課長は「いいえ46にちです」と反論。

すると、黒岩は「あ~あそれはそれは。

ちなみに課長は禁煙を始めて明日で100にち目、つまり今がイライラのピーク」と言うと、

課長は立ち上がり「そんなことありません」と言った。

 

普通、上司にこんな態度で、こんな事言ったら、何様のつもりだと思われて、

絶対に良い立場にはなれないはずなので、言いたくても言わないのだが、

ドSぷっりを発揮している。

 

話は進み、犯人逮捕の直前に犯人が、

「俺はなあ、今までずーといい人間を演じて来たんだ おかげで出世もできた いい家族にも恵まれた

けどなあ 本当はもっと自由になりたかった どんなに周りからから嫌われても どんなにうとわれても」と言うと

黒岩:「あなた とっくの昔から嫌われているわよ

気づいてない? あなたのデスク いっつも変な臭いがしてたでしょ

部下のカンザキメグミさん 毎日トイレ用の雑巾であなたのデスクをふいていたそうよ」

犯人:「どうしてそんな」

黒岩:「いやらしい目で谷間を見るのが耐えられなかったんですって」

犯人:「いや私はそんな目で見た事…」

黒岩:「ランチタイムはいつも同僚と一緒だったそうね」

犯人:「はい みんな誘ってくれるから」

黒岩:「(笑いながら)あれ仕事でミスした人への罰ゲームだったのよ」

犯人:「罰 まさか そんな」

さらに

黒岩:「ゆかりちゃんに聞いてみたの パパのどんなところが好き?って」

(ここで代官山が「もうその辺で」と止めるも)

黒岩:「そしたらねえ、泣き出してこう言ったの なんでそんな意地悪な事聞くの?」

代官山と犯人:「まさか」

黒岩:「好きなところなんてひとつもこたえられないって」

なんていたぶるように言う。

ドS

最後にはムチで犯人の動きを止め逮捕。(ムチさばきが上手だった)

憎い犯人をいたぶる場面は見てて気持ちいいがこの先どんないたぶりが出るのか、心配でもある。

独特の雰囲気を持つ女優の多部さんのイメージが極端に悪くなるのではと。

代官山の母が黒岩という名前を聞いた時の反応も意味深で気になる。

黒岩の決め台詞は「ばーか」かな。

大倉の女装には驚いた

女装1

女装2

大倉の整った顔の造りとメイクのおかげで、

驚くほどの美人になって、びっくり。

身長180㎝で女装はゴージャス。

大倉さんのファンの方も嬉しかったのでは?

次回も楽しみですね。

Sponsored Link


Sponsored Link

Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.

*



アーカイブ

カテゴリー

メタ情報

最近のコメント