アンカーデービットを取り付ける計画

Pocket

ウェイクボードで使用の船を釣り仕様にする為にアンカーデービット(アンカーデービッド ロングローラー)を取り付けることを計画しました。

釣りをするためには、ポイントでアンカリングをする必要があり、現在の状態では、いろいろ問題があるので、少し艤装したいと思います。

 

問題点

1:甲板部分が外方向に傾斜があり、FRPにもすべり止め加工がしてないので、濡れた状態で乗ると滑って落水する危険性がある。

2:甲板に乗ってアンカリングをする設計ではないらしく、甲板に乗るとFRPがフワフワする。

3:パルピットがないので滑ったら即落水する。

4:釣り中にポイントを変えたい時、いちいちバウに移動し、アンカリングするのは危険

こんな感じの問題点があり、いろいろ調べるとツノローラーを知り、さらに調べたらアンカーデービットに辿り着きました。

アンカーデービット注文

ヤマハで販売の製品

アン

新品を購入しようと思い、ヤマハから販売されている物にしようか、楽天のショップで販売している物にしようか、悩みましたが、少々安い楽天のショップの物を購入しようと決めました。

楽天ショップで販売の製品

P1050660

早速注文すると、注文時には在庫があったのですが、ショップからの注文確認メールでは、在庫が無く、取り寄せると書いてあり、納期が知りたい方はこちらへ電話し確認して下さいとも書いてあったので、電話で確認すると、1週間から10日掛かると言われました。ちょっとかかり過ぎではと思ったけど、ここは大人らしく我慢しました。

商品は注文してから11日目に到着しました。商品を確認すると、ヤマハの物より少し安いだけあって造りが雑な感じがしました。

使える範囲なのでこれを取り付けることにします。商品が到着して取り付けるタイミングを見計らっていると、数年ぶりに友人が訪ねてきました。友人はバスボートのオーナーで船には詳しく、いろいろ話をしていると、アンカーデービットの話になり、船の特徴を伝えると、補強の部品を足した方が良いと言うので、作ってもらうことにしました。

金属加工会社を経営しているので、無償で作ってあげると言ってくれました。持つべきものは友ですね。

友人作の製品

P1050662

ステンレスの板にパイプを溶接し、さらに、マリン系のパーツは光ってないといけないと言って、バフ掛けまでしてくれました。お蔭で、ピッカピッカのパーツが出来ました。そのパーツとアンカーデービットをボルトナットで固定すると高級なアンカーデービットになりました。友人は昔から船に関して妥協をしない人なので、今回も丁寧にこだわりをもって仕上げてくれました。

ついでにアンカーのロープを結ぶリングが大きくアンカー引き揚げの際にアンカーデービットに引っかかりそうなので、リングを切って撤去し、ステンレスのシャックルを取り付け、ボルトの頭を切ってもらいボルトを溶接してもらいました。これで、引っかかることなくアンカーはアンカーデービットへ乗ってくると思われます。

P1050664

P1050665

 

取り付けイメージ

運転席の風防が割と低いため、運転席から手を伸ばすと甲板に手が届くので、アンカーデービットを取り付けると、運転席付近からアンカーロープを操作できそうです。まだ取り付けていないので、予想です。

運転席からアンカリング操作ができれば、甲板に乗らずに安全です。落水することもなくなります。

釣り中のポイント移動も簡単にスムーズに行えるはずです。

風防の前あたりにクロスビットを取り付け、アンカーロープを舫う予定です。クリートよりロープが甲板より浮いた状態になる予定なので、甲板に汚れも付きにくいのではと考えています。

クロスビット

P1050666

ステンレスクリート

P1050667

取り付け後の問題点として、アンカーがしっかりアンカーデービットに固定できるか?ということが挙げられます。しっかり固定出来ないと波を超えた時の衝撃でアンカーが外れて自分の方に飛んでくるでしょう。考えるだけでゾッとします。

今後も

どんどん自分の気に入るように艤装していきたいと思います。

アンカーデービット取り付け後と使ってみた感想は追々アップしますので楽しみにしてて下さい。

Sponsored Link


Sponsored Link

Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.

*



アーカイブ

カテゴリー

メタ情報

最近のコメント